当サイトはアフィリエイトプログラムを利用し商品・サービスを紹介しています。

【OPPO Reno9 A】特殊機能スマートサイドバーの出し方と活用方法を解説

oppo reno9aスマートサイドバー機能活用アイキャッチ


スマホでダウンロードしたアプリが増えて、目的のアプリを探すのが大変です。


スマートフォンを使っていくと、画面上にダウンロードしたアプリが増えていきます。

画面がアプリで溢れていくと見にくくなりますし、すぐに使いたい目的のアプリを探すのに一苦労しますね。

そんな場合は、OPPO Reno9 A のスマートサイドバーという便利な機能を活用することができます。

 この記事では次のような方に向けて解説しています
  • 使用頻度の高いアプリやショートカットをすぐに呼び出せるようにしたい。

  • OPPO Reno9Aスマホを便利に使うための機能を知りたい。

OPPO Reno9 A のスマートサイドバーとは

スマートサイドバーとは、画面をスワイプすることでアプリやツールがまとめられたサイドバーを呼び出す機能のことです。

oppoスマートサイドバー機能イメージ(スワイプ操作)


端末の初期状態では、画面の右上隅あたりから左へスワイプすると「スマートサイドバー」が表示されます。

もしスマートサイドバーが出て来ないなら、設定がオフになっているかもしれないのでオンにする方法を解説します。

スマートサイドバー機能をオンにする

「設定」アイコンをタップします。

oppo 設定アイコン


「特殊機能」から進みます。

oppo設定特殊機能


続いて「スマートサイドバー」をタップします。

スマートサイドバー項目タップ


スマートサイドバーをオンにします。
アプリ名もオンにして表示しておくと探しやすくなると思います。

スマートサイドバー機能オンとアプリ名表示


フローティングバー(画面端の枠)は自動表示か非表示かを選択できます。
透明度も3段階で選べます。

スマートサイドバー詳細設定


スマートサイドバーは、右端からでも左端からでも呼び出せるように移動できます。

スマートサイドバー上部を長押しして、使いやすいところへ移動させます。


スマートサイドバーへのアプリ追加・解除


スマートサイドバーの一番下にある「編集」から、+ボタンでアイテムの追加・ボタンで解除・また並べ替えができます。

スマートサイドバーアプリ追加


スマートサイドバーへのアイテム追加は幾つまで?

下のようにサイドバーに追加したアイコンで目視できるサイズは12個までのようです。

スマートサイドバー表示は12個まで


スマートサイドバーには最大20個のアイテムが追加できますが、このように一覧で見えるのは12個くらいまでなので、使用頻度が高いアイテムは上のほうに配置させたほうが使い勝手が良くなります。


下に隠れているアイコンは、下へスクロールすればすぐ見えます。


スマートサイドバーを活用しよう

スマートサイドバー活用イメージ

アプリが画面いっぱいに増えてくると探しにくくなり、ページを何回もめくっていくのは大変な作業になります。

スマートサイドバーをうまく活用して、使用頻度の高いアプリをすぐに呼び出せるように登録させておきましょう。


スマートサイドバーに登録して呼び出しに使うと良いツールの一つは「スクリーンショット」です。
下の記事でも解説しています。


 IIJmioのMNP乗り換えキャンペーンでスマホ本体が割引価格で提供中!


他社からMNP乗り換え(音声SIM/音声eSIM)で「IIJmio」のギガプランと対象の端末をセットで購入すると、端末が特別価格に割引きされるキャンペーンが期間限定 10/31 まで実施中です。

他にもご希望の端末があるかぜひご確認ください。

●IIJmioで開催中のキャンペーンとセットのスマホはこちらから ≫